2008年10月15日

カーテンレール

ここ数日で気が付いたこと。

リビングのレースのカーテンをつけた。

引っ越してから、今まではずっと厚手のカーテンだけで

過ごしてきたが、たまたま寄ったデパートで、

レースのカーテンが安く売られていたので購入。

カーテンをつけたわけだが、カーテンレールの真中にある

部品が欠けている。

どの部品かというと、カーテンの真ん中の金具は「磁石」が

ついていて、両側のカーテンをくっつける役割をしているが、

その「磁石」がついているべき金具が無い。

どうもカーテンレールそのものが古くて、その金具の部分が

欠けてしまったらしい。

さっそく管理事務所に連絡。

状況を説明すると・・・・・・・・・

「カーテンレールは、以前住まわれていたお客様が勝手に

 つけていったものなので、こちらとしても対応できかねます」

とのこと。

つまり、前住人が勝手につけて、勝手に残していったものだから、

部品が足りなければ自分で買ってください、と言うことらしい。

まぁ、数百円で買えるものだからいいけどさ・・・・

でも、カーテンレールがついていない状態で貸し出す公団にも

びっくりだわー

UVカット!
お肌や家具を守るレースカーテンです。




QUARTER REPORT(クォーター・リポート)は居住空間を優しく包み込み、人とテキスタイルの関係を大切にするテキスタイルメーカー..




posted by 夢は大家さん at 19:57| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。