2008年09月09日

部屋を見ずに購入?!

以下のようなニュースが流れていました。
まずは読んでみてください。

***********************************************

[ニューヨーク 8日 ロイター] ニューヨークにあるプラザホテルの最上階部屋(ペントハウス)を5350万ドル(約57億円)で購入した匿名の人物が、実際はこの部屋が「屋根裏みたいなスペース」だったとし、返金と賠償金支払いを求める裁判を起こしている。

 実物を見ずに購入したこの人物は、部屋の天井が低くて景色もよくなかったとし、ホテル側と開発会社や仲介業者を相手取り、契約違反や詐欺行為などで訴えており、預託金1070万ドルの返金と賠償金3000万ドルの支払いを要求している。

 地元メディアはこの購入者について、ロシアの資本家アンドレイ・バビロフ氏だと報じている。

 購入者の弁護士は8日に「これは典型的なおとり商法だ」と主張。「私のクライアントはニューヨークの歴史で最も豪華なアパートの1つを受け取れると信じさせられたが、期待していたものよりもかなり劣るものだった」と述べた。

***********************************************

みなさんはどう思いますか?
部屋を見ないで購入した方に非があると思いますか?

でも、最上階でこの値段なら、見なくてもいい部屋に決まっている、と思うのは当然ですよね。

他人事ではありませんっ

思い込みだけで「いい」と決めてしまい、他の人に取られてしまうのも嫌だから、即決で購入してしまう、と言うこと、ありませんか?

物件に限らず、です。

最後の1個!とか、
残りわずか!とか、
先着10名様!とか、
そういう宣伝文句に負けて、即決で決めてしまう・・・・

私も経験ありますよ。
もちろん、もっと小額ですが(^^;;

今回の場合、逆に売る方としても、部屋を見ないで購入する事のでいいのか、確認して(しかも書面で残して!)おくことが大切だったのでは・・・と思います。

これをいい教訓に、皆さんも気をつけましょう!!
大切なことは書面で契約を交わさないと、後々面倒くさいことになりかねます。

もちろん、私も気をつけます。。

posted by 夢は大家さん at 17:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。