2008年08月27日

RCとは

よく物件の構造で見かける「RC」の文字。
聞いたことはあるけど、どんな意味なのかわからない・・・・・・

私もそうでした。
なので、調べてみることに。

<調査結果(検索結果抜粋)>
 RCとは、Reinforced Concrete の略で、鉄筋コンクリートのこと。
 引っ張る力に強い「鉄筋」と圧縮する力に強い「コンクリート」の
 双方の得意とする性格を組み合わせ強い構造体にしたもの。
 また、鉄筋とコンクリートは熱膨張率が近似しているので、
 温度変化にも安定している。

 アルカリ性のコンクリートの中では鉄筋は錆びず、また
 コンクリートに覆われる事により熱から守られ耐火構造体としても
 優れている。

 木造住宅は木で造られているのに対して、RC住宅は鉄筋で配筋した
 ところにコンクリートを流し込み固めて造られます。

 木は湿気に弱い素材です。
 長時間水分にさらされると、かびが発生したり腐ったりして、
 本来の強度が保てなくなります。また、シロアリが繁殖する
 恐れもあります。
 一方、鉄筋コンクリートという素材は、、化学的に非常に安定した
 素材です。
 腐れや蟻の被害とは無縁ですし、他の素材に比べて、強度も精度も
 長時間の維持が容易です。


・・・・と言うことらしい。

要は、RCって人間が作り出した一番頑丈(と思われる)建物、と言うことかしら。

木造は木造のメリットがあるんでしょうけどね。
今度は木造のメリットを調べてみますっ

ちなみに、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でRCを調べたら、以下のようにたくさん出てきちゃいました。。
RCにもいろいろあるんですねっ(^^;;


赤十字社 (Red Cross)
ルービックキューブ (Rubik's Cube)
ローマ・カトリック (Roman Catholic)
ラジコン (radio control)
遠隔操作 (remote control)
鉄筋コンクリート (reinforced concrete)
ロータリークラブ (Rotary Club)。国際ロータリーも参照。
 ・
 ・
 ・
 ・
posted by 夢は大家さん at 14:48| Comment(0) | 住宅全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。