2008年08月12日

玄関の構造(その2)

先日、以前住んでいたアパートの玄関が狭くて不便だったことを書いたが、そこの玄関にはもう一つ不便なことがあったのを思い出しました。

それは、間口(玄関の入り口)が共用廊下より一段高かったこと。

何が不便かと言うと、

ドアストッパーが使えないバッド(下向き矢印)

「それだけ?」と思いがちですが、これがまた不便なんですよ。

部屋の間取りが縦長の部屋になっており、北側に玄関、南側にベランダ。
それ以外には小さい小窓が一つ。

つまり、風通しを良くする為には、ベランダと玄関を開け放たなければならず、ベランダ側の窓だけ開けても空気は入れ替わらないような構造になっていたんです。

(小窓は、空気の入れ替えには殆ど役に立たず。)

玄関を開け放つ為には、ドアストッパーが良いのですが、一段高い間口になっていると、その辺で売っているようなドアストッパーでは無意味。
金属の棒のようなものでできた立派なドアストッパーが必要なんです。

しかも、ドアが頑丈で重い素材でできていたので、傘立てなどではドアを押えることができず、またもや痛い出費を・・・・。

お年寄りや赤ちゃんがいる家庭でも、玄関の間口が高い物件は、転ばないように注意が必要ですねどんっ(衝撃)

しかも、金属棒のストッパーは、磁石で取り付けるタイプなので、ドアが金属製じゃないとダメですし、もし、磁石が外れた場合に、重いドアが勢い良く閉まって危険そうでしたがく〜(落胆した顔)

しかし、何故、間口が高い構造にしたのでしょうか・・・・。
良いことなんて一つもないような気がしますがあせあせ(飛び散る汗)

大人気のカエルちゃんシリーズ☆
のんびりラブリーなストッパー



【関連する記事】
posted by 夢は大家さん at 14:48| Comment(0) | 玄関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。